バリ島 ウブド

バリ島のウブドは中心部は結構賑やかです。
もっとのんびりできるかと思っていましたが、観光客に車にと普通に観光地しています。

特にモンキーフォレストからウブドパレス付近ではお店の家賃も高くなっているそうです。
高くて1年100万円ぐらいだそうで現地のバリ人もなかなか手が出せないと嘆いていました。

ウブドはやはり人気があるのでしょうね!

今回わざわざジンバランからウブドに来たのは、バリのダンスを見たかったからです。

ウブドにあるツーリスト・インフォメーションで聞いてみると曜日によってダンスが開かれる場所や種類が決まっておりその中から選んで行くということです。

ウブドのツーリストインフォメーションセンターのサイト http://www.fabulousubud.com/

参考までに曜日別スケジュールを載せときます。
infoubud23.jpg


行ったのは月曜日でしたので、ウブドパレスで行われる Legong Dance を見てみることに
ついでにスマホで映像を映して見ました。









レゴンダンスは手の動きや首の動きに特徴がありますね!

終わるのが夜9時頃になります。
クタなどに行くバスは6時頃に終わってしまいますので、ダンスショーが終わってジンバランまで帰ろうと思うとどうしてもタクシーを使うことになりました。

ちょっと痛いですが、3000円から3500円ほどで帰れるので友達とか何人かでいるとワリカンすればそれほど高いというわけではありません。

ただゆっくり見ていたいならウブドで泊まったほうがいいかもしれません。


| 日記

プーミポン国王死去でタイはどうなるのか?

タイのプーミポン国王が10月13日に亡くなりました。
絶大な人気があった国王ですが、高齢だった国王はいつかはこの日がやってくると思っていましたけど…

新しい国王に長男ワチラロンコン皇太子が即位することになりそうです。

これからタイの政治と経済はどうなっていくのでしょうか?

タイでは服喪期間が1年間、そして娯楽活動も30日間自粛するということですので、タイ経済にはかなりの影響がありそうです。
タイの歓楽街のパッポンやナナ・プラザはどんな感じなのでしょうか?
サイアムスクエアもひっそりとしているのでしょうか?
トヨタの工場も休みだそうです。

タイの経済のうち観光業の占める割合が結構あるので、観光客などはしばらく行くのを控えるかもしれません。
タイ国内も服喪期間中は新たな消費を控えたりするので経済にはかなり影響がありそうです。

政治的にもどうなるか心配です。
現在は軍政でまだなんとか落ち着いている感じですが、民政に移行する際には一悶着ありそうです。

タイには赤シャツでタクシン派(反独裁民主戦線)と黄シャツの民主市民連合が選挙で争っています。
民主市民連合は王室擁護派ですから、新しく国王になったワチラロンコンの市民等への人気も影響してきます。

がしかし、このワチラロンコン皇太子は全くと言って国民からの人気がありません。
離婚が3回、それに愛人との話題は国王としてもどうかなと思いでしょう。
しかも、ドイツへの別荘で撮られた写真からタトゥーをしていることやだらしない服装をしていることが暴露されてしまいました。
こんな感じです。
wati.jpg


これはちと、プライベートとはいえ品がなさすぎ。

こんなんじゃ、民主市民連合も押せる感じではなさそうです。タクシン派がまた勢いをもってきそうです。
国王が政治に利用される可能性もあります。

また、南部ではイスラム系のパタニ解放戦線との関係もあります。それにこのパタニ解放戦線とは関係があるかどうかはわかりませんが、テロの可能性もあります。
昨年は、バンコクのエラワン廟で爆発テロがありました。先日行った時には相変わらず多くの方が参拝していました。

IMG_20160625_130501.jpg


いろいろ不安要素はありますが、タイはやっぱりタイなので無茶をしなければそれなりにやっていくのではと考えています。

ただ、タイで商売をされている方は注意が必要でリスク管理もしておくのがいいのではないでしょうか?








| 日記

線路の上に市場がある観光名所に行ってみた

テレビ番組でも度々紹介される線路の上が市場になっていて、列車が通るときにあわててその線路の部分だけがどけられるところがある場所。

タイのバンコク近郊にあります。
今回そこへ列車に乗って行くことにしました。

メークロン線といってバンコクのウォンウィエンヤイ駅からマハチャイ駅、そして運河を渡ってバンレーム駅からメークロン駅のルート

BTSウォンウィエンヤイ駅からタイ国鉄のウォンウィエンヤイ駅へは少し歩かないといけませんがそれほどでもありません。ウォンウィエンヤイ駅は分かりにくいですがその辺りで聞けば教えてくれました。

DSCN0325-1.jpg

この電車が折り返してマハチャイ駅まで行きます。
所要約1時間 10バーツ

DSCN0328-1.jpg

マハチャイ駅

マハチャイ駅に着いて道を右に曲がって真っ直ぐ行くと左手に渡しの船があるのでそれに乗る3バーツ

DSCN0330-1.jpg

渡し船の中

渡し船はなんとバイクもそのまま乗れてしまいます。

渡った先は屋根のある商店街みたいになっていてそこを抜けると店がある通りがあります。
バンレーム駅へはそのまま真っすぐ行かず直ぐに右に曲がって真っ直ぐ行くとあります。
でも、バンレーム駅-マハチャイ駅の間は現在3往復していないのでちょっと待ち時間があります。
ですので、時間確認してからこの辺りで時間つぶししてもいいかもしれませんね!
私は、唐揚げ食べたり揚げバナナを食べたりして時間を潰していました。

ちなみにこの時点での時刻表を載せておきますね!

DSCN0333-1.jpg

バンレーム駅→メークロン駅

DSCN0334-1.jpg

メークロン駅→バンレーム駅
列車は30分ほど遅れてゆっくりと発車。片道10バーツ

DSCN0336-1.jpg


結構遅い、京福電鉄よりかなり遅い。
時速10kmぐらいか?
途中で学校の横とか路上とか住宅地を走り進みます。
この辺りは湿地帯のようで家の周りにも水たまりとか池がたくさんあります。

そのため、鉄道を通すのも結構苦労したのかもしれません。

お目当ての線路の上に市場のあるところは終着駅のマハチャイ駅にありました。
ネットなどで有名なのか、海外から観光客がいっぱいでみんなで写真を撮っていたりと完全に観光地化していました。
電車に乗らずに電車がやってくるところだけを写真撮るというのもいいとこどりのような気がしますが…。

DSCN0338-1.jpg

観光客がみんな写真を撮る

DSCN0344-1.jpg

終点メークロン駅

DSCN0343-1.jpg

電車が通るときここが一斉に片付けられる。

到着後、バスではなくそのままもう一度列車に乗って行きました。
1日がかりの行程ですが、バンコクもそろそろ飽きてきたとか、一度見てみたいという人は楽しんでもいいのではないでしょうか?






タイ情勢が緊迫化



タイでは政府とタクシン元首相派との間の抗争が終わりそうにありません。
すでに銃撃戦を展開している模様で、かなりの死者を出しています。
いままで、クーデターとかありましたがほとんど死者を出さずに終わってきたタイの政治ですが、今回はちょっと違うようです。

やっぱり、プーミポン国王の力が衰えてきたのでしょうか?
いつもなら国王がでてきて収拾されますが、今回はかなり高齢になっていることや、タクシン元首相派が王政批判的なことを行っているなどといわれていることから二の足を踏んでいるのでしょうか?

銃撃戦を繰り広げている場所はタイのビジネス街なのでそのエリアに住んでいる人は大変でしょうね!

でも、それ以外は平和そのもののようです。
カオサンとかチャイナタウンなどは問題なさそうです。
パッポンは現在どうなっているのでしょうか?

一応ラーマ4世通りからはずれていますが、近くにありますのでたぶん商売にならないでしょうね。

この状況でバンコク旅行をしようとする人がキャンセルしてチケットの価格が下がっているかと思ったのですが、いまのところ価格に変動はないみたいです。

あまり気になるようでしたらチェンマイとかプーケットとかいけばいいわけですし…。
タグ:タイ 旅行
| 日記

タクシン元首相がカンボジアへ



タイとカンボジアの関係が悪化しているようです。

ことの発端はカンボジアの政府が経済顧問としてタイのタクシン元首相を任命したことに始まります。

タクシン元首相は汚職の罪で有罪判決を受け、海外脱出中。
そのためタイでは反発が強まっています。

すでにタイ側では大使の召還を行っており、さらにポイペト(アランヤプラテート)国境閉鎖も検討しているという。

もともと、タイとカンボジアはあまり仲がいいというわけではないのですが、今回はカンボジアのフン・セン首相が仕掛けたといえるのではないでしょうか?

フン・セン首相は

「カンボジアに来たければいつでも住居を用意する」

と発言してさらに対立をあおっています。

タクシン元首相は経済的にも手腕があるとも思えますし、カンボジアとすれば彼の財力を利用するのもいいかもしれません。

ただ、タイと仲が悪くなるのはちょっと経済的にもダメージがあるかもしれませんね。

タイ側も冷静に対処すればいいのに、タイ人もある程度面子を重んじるのでこういう対応になってしまうのでしょうか?


簡単にマイルを貯める方法

| 日記

「トリップアドバイザー」の口コミサイト

トリップアドバイザー」という旅行の口コミサイトがあるそうです。
今回そのサイトに寄せられた口コミから「世界の汚いホテル」エリア別ワースト10を発表したというので見てみました。

アジア地区の1位に選ばれたのは「ファーストホテルバンコク」というホテルらしいです。
「南京虫がいた」「ネズミの死骸が…」といわれ放題なのですが、1泊2150バーツもする私から見れば高級に当たるホテルだ。
せっかく泊まっても南京虫がいるようじゃ困りますね。

ついでにバンコクのホテルで最安値は「Niagara Hotel」で1泊7ドルと表示されていました。で口コミは
「This hotel was like a hospital or a prison, just awful」
と結構書かれていますね!まあ値段相応ということでしょうか。

といってもまだまだ安いホテルはあるはずで、このサイトに載っているのはある程度のホテルが多いみたいです。
ある程度旅行者が泊まっていそうなホテルを選べば、それほどハズレはないような気がするのですが


【10,500円以上送料無料】Lonely Planet[ロンリープラネット]タイの島とビーチ

2,310円
全世界で愛読されている旅のガイド、「ロンリープラネット」英語版の日本語完全訳です。


英語のリスニングが上達したい
韓国語 会話のポイント
| 日記

ジェットスターが成田就航

オーストラリアの格安航空会社ジェットスター航空が成田とケアンズゴールドコーストの間を就航しました。

すでに関空とシドニー、ゴールドコーストとの間には就航していましたが、今回の成田空港への就航によって格安航空券にも競争が激しくなるかもしれません。

片道ケアンズまで2万円、ゴールドコーストまで2万5000円という格安金額。

しかし、機内食やアルコール、ビデオなどは有料ということが格安航空券とは違うところ。

ジェットスター航空では機内食2食分で3000円、ビデオは900円だそうで枕やブランケットも600円が必要。アルコールも実費
ただし、弁当の持ち込みなどはいいそうで、食費を浮かしたい場合はあらかじめ弁当とかドリンクを購入してから登場したほうがいいでしょうね。

ジェットスター航空は良心的といえますね。
同じ格安航空会社のエアーアジアは飲食物の持ち込みは禁止で、受託手荷物も有料です。

格安航空会社といえば着陸料を浮かすため地方空港に就航することが多いのですが、関空とか成田とか主要空港に就航するジェットスター航空はちょっとほかの格安航空会社とは違いますね。


★楽天で格安航空券を探す★

ジェットスター航空



頭の回転をよくする記憶術

タイとカンボジアの領土紛争

タイカンボジアの国境付近にあるプレアビヒア寺院周辺で両国軍が銃撃戦を行いカンボジア側に2人の死者が出たという事件がありました。

プレアビヒア寺院はタイ語ではカオ・プラ・ウィハーン(Khao Phra Wiham)といいます。

カオ・プラ・ウィハーンには4年前に行ったことがありますが、その時には銃撃事件が起こるなど考えられないほどのんびりしていましたね。

プレアビヒア寺院は2008年に世界遺産に登録されたクメール寺院、これからは観光客も増えていくだろうと考えられます。

そもそも紛争のきっかけは、この寺院に不法侵入したとしてカンボジア側がタイ人3人を拘束したことから始まりました。

それに対してタイが軍隊を派遣し、カンボジアも軍隊を派遣してにらみ合いになったということだ。

停戦に合意したとはいえ今後どうなるか分かりません。

いずれ解決すると思いますが、観光客にとっては迷惑な話ですね。

さて、このプレアビヒア寺院を訪れるにはタイ側からこの寺院に行く方がいいですね。

カンボジア側からいくのはかなり大変です。道は舗装されていないし治安も不安です。

昔のクメールルージュ支配地域を通ることになりますし、わざわざカンボジアから行く必要もないでしょう。

それならバンコクからウボン・ラチャターニーに飛び、シーサケットから車をチャーターした方が安全です。

タイ政府は観光資源としてプレアビヒア寺院そのものをタイ領にしたいのでしょうが、すでに1962年にハーグの国際司法裁判所によりカンボジア領であると認められています。

この際カンボジアと協調して観光資源として開発していくといいでしょうね。

ただ、カンボジア人とタイ人のあいだにはあまり仲良くないのでどこまで進むでしょうか?

4年前の写真ですがアップしておきます。

041124_1137~002.jpg
タイ側道路 アスファルトでキレイに整備されている

041124_1152~001.jpg
プレアビヒア寺院入り口

041124_1155~001.jpg

041124_1211~001.jpg

041124_1222~001.jpg

041124_1222~002.jpg

041124_1300~001.jpg
地雷の注意看板





中国JRバス

ストリートビューはつかえる

Googleマップストリートビューが日本やフランスで追加されました。

日本の大都市の道周辺の写真を自分が歩いているように見ていくことができます。

東京、横浜などの首都圏、大阪、神戸、京都の関西、仙台、函館、札幌の街をストリートビューで歩くことができます。

まず感心するのは、360度ぐるりと見回すことができること。

それから、これだけのデータをよく集めたなと感心することでしょうか?

ひょとしてみなさんの家や仕事場も写っているかもしれませんね。

プライバシーの問題もあったそうですが、人の顔をぼかしたりして対応しているようです。

フランスの町並みやアメリカの主要都市を見ることもできますよ。

パリの凱旋門に行ってみましょう。


大きな地図で見る

黄色い線をクリックすると前に行ったり後ろに行ったりできますし、左上の矢印をクリックすると見渡すことができますね。

日本国内も歩けますよ。
京都御苑の蛤御門

大きな地図で見る

残念ながら京都御苑の中には入れないようです。

グーグルアースとかこんなのを見ているとますます外に出にくくなりますね!


★楽天トラベル★

HIS、全ツアーを「燃油付加運賃」込み総額表示だそうです

とうとうHISがサーチャージ込みの価格表示にするそうです。

---------------------------------------------------------------
HIS、全ツアーを「燃油付加運賃」込み総額表示…大手で初

 旅行会社のエイチ・アイ・エス(HIS)は海外パックツアー商品の料金表示で、航空会社が徴収している燃油特別付加運賃(サーチャージ)を含めない現在の方式を改め、すべての商品で付加運賃込みの総額を示す。

 平林朗社長が7日、読売新聞とのインタビューで明らかにした。料金の透明性を高める狙いがあり、全商品を総額で表示するのは大手で初めてという。

 旅行各社は通常、客から受け取るパック料金とは別に、燃料コストの上昇に伴って航空会社が設定した付加運賃を、航空会社に代わって徴収している。例えば「ソウル3日間1万5000円」という価格表示のツアーの場合、往復5000円の付加運賃も別にかかるため、客から「詐欺まがいだ」などの苦情が寄せられるケースもある。

 HISは、2月に一部のキャンペーン商品を対象に、付加運賃込みの総額を試験的に表示したところ、「わかりやすい」と好評だったという。平林社長は「価格表示の不透明さが顧客に不信感を与えている」と指摘し、大型連休後に販売する商品はすべて、総額表示にする計画を明らかにした。さらに「ツアー代金と付加運賃が同額に近い路線もあるのは異常な状態だ」と指摘、航空会社に制度の改善を求める方針も示した。 以下略 読売新聞より抜粋

----------------------------------------------------------------
HISがなかなか粋なことをやってくれました。

確かに燃料価格の変動は激しいのであらかじめ燃油サーチャージ料を決めておくのはリスクがあると思いますが、顧客への分かりやすさをとったのはGJといえるでしょう。

原油価格は上昇し続けていますが、そうそろそろという感じがしないでもありません。アメリカ経済の景気落ち込みと中国の経済成長率の落ち込み傾向によって原油の需要も減少するかもしれません。


どの旅行会社もリスクは取りたくないというのが本音でしょう。

ただ今年のGWは海外旅行者が減少したこともありますし、安いツアーで客を集め、その後に燃油サーチャージを上乗せして請求すると利用者も必要以上に金がかかったと感じてしまい、ますます海外旅行者の減少に拍車がかかってしまうかもしれませんからね。

この流れがHISだけでなく他の旅行会社にも定着するといいと思いますね!




ワーキングホリデーしてみたい

燃油サーチャージ その2

燃油サーチャージ その2

なかなか原油価格が下がらないですね!
一時1バレル100ドルを割りましたが、すぐに100ドルを越えて最高値を更新してしまいました。

そのため燃油サーチャージもなかなか下がってくれませんね!

今年のゴールデンウイークでは海外旅行に行く人が減り、国内旅行が増えているとか。

今年のゴールデンウイークの日程が連続していないのも影響あるかもしれませんが、この燃油サーチャージの影響もあるのではないでしょうか?

お隣韓国ぐらいであれば往復5000円ぐらいですが、タイやフィリピンだと1万円を軽く超してしまいますね!

それなら国内で温泉とおいしい料理を食べた方がお得感が出てきます。
何も海外に出なくてもと思う人もいるかもしれません。


格安航空券の価格も表示自体は安くても燃油サーチャージはかかるので実際の費用が分かりにくいです。燃油サーチャージは航空券の価格に上乗せして表示してもらわないと正しい金額が算出しにくいのも躊躇する原因なのでしょうか?

実際には

航空券の価格+航空会社の燃油サーチャージ料金×2+諸費用=実際かかる費用

になるのですね!

ところが旅行会社では「燃油サーチャージ料金についてはお問い合わせ下さい」なんて書いてあるところが多く、表示してある場合でもソウル、台北、香港、マニラなどの経由便だと計算できなくて面倒です。

ではどこの航空会社を使えば一番安くなるかをちょっと計算してみました。格安航空券では「航空会社未定」と書かれているのがありますがこの場合は除外してみました。(かなり誤差はあると思いますが大体の目安ぐらいに考えてみてください)

出発は東京 行き先はバンコク 5月下旬の出発で1週間以上滞在の条件でいろいろ見てみると

---------------------------------------------------------------
航空会社   最安航空運賃   サーチャージ×2   合計
---------------------------------------------------------------
中華航空    25000  14560   39560
ノースウエスト 28000  28000   56000
全日空     29000  28000   57000
ユナイテッド  29000  24000   53000
タイ航空    43000  11120   54120
日本航空    45000  28000   73000
キャセイ    52000  16800   68800
シンガポール  43000  15160   58160
マレーシア   54400  20200   74600
air china    42000  13000以上     55000
大韓航空    46000  21000    67000
---------------------------------------------------------------
となりました。

大体5〜8万円前後かなと思いますが、航空券が安くてもサーチャ−ジとあわせるとそれほど変わらないような気が…。

中華航空はやや安いといえますね。那覇空港で燃えてから安くなったのかな!

言い方は悪いかもしれませんが、風俗店のルームチャージ料金とその後のサービス料の関係みたいで、なんかスッキリしませんね!



★スーパーPEX★




燃油サーチャージ

燃油サーチャージ


最近は海外旅行をする時、航空券の値段の他に航空保険料というのと燃油サーチャージというのを請求されます。

燃油サーチャージというのは原油の高騰に伴って、航空会社の企業努力で吸収しきれない燃油価格の一部を、乗客の皆様にご負担いただく追加運賃のことです。」
ということらしいです。

要は燃料代が高くなったので、その分払ってね!
ってことなんですが、それがもうとんでもないくらい高くなってきています。

この燃油サーチャージ料東京ーバンコク間で利用した場合で比較してみましょう。

2008年の1月1日からJALは片道12,500円、ANA9,900円です。

片道でこの金額ですから往復だと2倍ですね。

せっかく格安航空券を苦労してゲットしても、燃油サーチャージ料にこんなにかかってしまうとなんかガックリきます。

たとえばJALで往復すると(普通は乗りませんが)25,000円の別途料金がいるわけで、それを現地通貨にすると1バーツ=3.8円とすると

25,000÷3.8=6578.9バーツ

になっちゃいます。
これはえらいことです。こんなにあるといいホテルにも泊まれるし、おいしいものも食べられるし、パッポンにも行けちゃいます(^^;)

燃料代の高騰は分かりますが、航空会社によって金額が違うのはどうしてでしょう。同じ距離を飛ぶならかかる燃料の量も同じではないのでしょうか?
不思議です。
まあ、各航空会社が独自に計算しているんですから…

ちなみに他の航空会社の燃油サーチャージ料も載せておきますね。
(日本ーバンコク片道)
エア・インディア 4,120円  エバー航空 6,410円
チャイナエアライン 6,290円  キャセイパシッフィック7,790円
コリアンエアー 9,000円  マレーシア航空 7,990円
ノースウエスト航空 9,900円  シンガポール航空 7,190円
タイ国際航空 55USD  ユナイテッド航空 9,900円
ベトナム航空 8,970円  中国南方航空 7,570円
中国国際航空 9,500円  バンコク・エアウェイズ 4,550円
ビーマン・バングラデシュ航空 なし

直行便のないのは中継地を通ったとして加算しました。 
原油の価格とか為替とか変動しますので、あくまで目安ということで…
ビーマン・バングラデシュ航空は成田線廃止だそうです。

ちなみにパキスタン航空はサーチャージを取りません。(日本からバンコクへは行けないですが。カラチ経由だと航空料金の方がかかります)

うーん、なかなか気軽に海外へ出るのに躊躇してしまいますね!



★ 東南アジア方面格安航空券 ★


★ソウルでカジノデビュー!★

プミポン国王

プミポン国王


最近、タイのプミポン国王が脳の血流悪化でバンコク市内の病院に入院していたが退院されたとのニュースがありました。

写真を見ていると、歩行の補助器具を持ちながら歩いているプミポン国王はなんか痛々しい感じがしました。

タイ国民にとってプミポン国王は尊敬の対象であり、昔の日本における天皇陛下みたいなものといったらいいすぎでしょうか?

家の中や店の中にはプミポン国王の写真を額に入れて飾っているところが多いのも、彼の絶大な人気がうかがえます。

実際彼は、スイスのローザンヌ大学を卒業して頭が切れるだけでなく、これまでクーデターなど政治的難局をうまく立ち回ってきました。

そのため、タイ国民は自然と尊敬を集めていったのでしょうね!
タイではいま国王に悪口を言う人はいないといえます。

ところが、その国王の息子つまり皇太子といえば…

皇太子はマハー・ワチラロンコン皇太子というらしいのですが、わがままなため国民からまったく信用されていない状態だそうで、もし彼が次期国王に即位することになったら、本当にこの国は混乱してしまうかもしれません。

プミポン国王は1男3女をもうけていますが、女性は結婚すると王位継承権がなくなってしまうそうです。

長女はアメリカ人と結婚し(1998年離婚)、次女は独身です、3女はタイ空軍中尉と結婚しています。

長男がダメなら次女がといいたいところですが、国王はそのところは何もいっていません。

国民はなるべくプミポン国王に長生きしてもらうしかないと考えているようです。

彼の天の声がなければ、たびたび起こるクーデターもなかなか収拾しないでしょうから。


★ 東南アジア情報 ★


★ 航空券+ホテル(楽パック)★

お城

お城


お城というのはだいたいアジアやヨーロッパそれに中東に多くあるもので、日本以外にも中国や韓国、フランス、ドイツ、その他ヨーロッパの小さな国や中東の歴史が古く戦争が多かったところに多いと思えます。

お城は下から眺めると立派で、お城の奥はさぞかし豪華なものだろうと想像しますが、だいたいは登って中にはいると特に何もない場合が多いですね。

有名なドイツのノイシュヴァンシュタイン城はどうなのしょうか?
ディズニーランドのお城のモデルになったそうですが…。

あの城は王の趣味で作られたものですから実用的だったとは言えないですが…。



95436233_dcb3c07dd8j.jpg




とにかく山の上にあった城はもともととか食料なんかもわざわざ持って上がらなくてはいけないので住みやすいところとは言えないかもしれません。

かつてオーストリアのザルツブルクという町にあるホーエンザルツブルク城というお城に登ったとき、あまり見るものがなくて、一緒に登った日本人は
「まるで大阪城と一緒」
とつぶやいていました。
お城も富士山と同じで下から眺めているのがいいのかもしれません。


★航空券+ホテル(楽パック) ★


★ 出かける前の旅準備 ★

タグ:城壁 お城

パクチー(香菜)

パクチー(香菜)



467864744_943fb20221j.jpg

タイ料理に欠かせない野菜としてパクチーというものがあります。

中国料理でも香菜として使われています。コリアンダーといった方が分かるかもしれません。

日本人の中にはこのパクチーが嫌いという人もいますね!

確かに独特のにおいと味がするのですが、私にはそれほどでもないし、結構いけると思うのですが…。
(嫌いという割にはみんなトムヤンクン食ってたりするし)

麺類やスープをたのむとついてきますし、毒消しとして使えそうなんですが。

タイ料理は中国料理と同じように炒め物、揚げ物として油をよく使います。
だから生野菜を摂るのはからだにいいことだといえます。(ソムタムなんかはとくにそうかも)

パクチーはその不足を補っているとも考えられます。


まあ、野菜を摂らなくてもタイにはおいしい果物がたくさんあるのでそちらを食べれば事足りるといえばそうでしょうが。(^^;)


★楽天で海外格安航空券”最安値”を見る★


★航空券+ホテル(楽パック)★


★ログインするだけで、1年間旅行し放題のチャンス!★

タイムはハーブのスッキリ系

バイク

バイク

86189306_d5e32658d9j.jpg


東南アジアでバイクといえばスーパーカブであろう。

ホンダのスーパーカブまたはヤマハのメイトという業務用のバイクなのですが、日本のよりちょっとスリムでかっこいい感じがする。

スーパーカブはなんたって丈夫で長持ち、使いやすくて(3速ロータリー)経済的、少々の悪路でもヘーキだし、水たまりに突っ込んでもフェンダーでしっかり泥よけ、リッター100km以上走る(日本では現在146km/l)4ストローク単気筒エンジンの超経済的な乗り物である。


めんどくさがり屋のタイ人がこれに飛びつかないわけがありません。

男性はもとよりおばちゃん、女子学生も乗っていたりするし、3人乗りもなんのその。

タイでは自転車よりも多い、っていうか自転車はほとんど見かけなかったりして…。

今では都市では高級なバイクも走っているけれどスーパーカブはまだまだ庶民の足といえるでしょう。



★すっぴんレポーターの旅コラム★



★航空券+ホテル(楽パック)★


★楽天で海外格安航空券”最安値”を探す★

地球の歩き方 VS ロンリープラネット

地球の歩き方 VS ロンリープラネット


地球の歩き方というのはご存じ日本で売られているガイドブックとしてはベストセラー。現地の情報が詳しく載っていて、表面だけのガイドブックと違ってとても役に立つし、宿探しにも便利。

日本人旅行者の多くが持ち歩き、自分が持っていなかったりすると、現地で知り合った旅行者に見せてもらったりして、次の目的地の宿情報ルートなどを控えさせてもらったりします。

本としてはちょっと高いけど、購入してもあまりある便利さがあります。
韓国語でも出版されているようで、同じ表紙なので日本のものと間違えて中をのぞくと韓国語だったりします。


長い間重宝していた歩き方ですが、少しずつロンリープラネットという旅行ガイドブックも使うようになってきました。


ロンリープラネット社(http://www.lonelyplanet.com/)はオーストラリアにある旅行ガイドブックの出版社。

ロンリープラネット
というガイドブックは基本的に英語で書かれていますが、構成は日本の歩き方とほぼ同じだし、難しい単語はあまり出てこないので英語が苦手な人でも問題ありません。

しかも最近では「タイ」「イタリア」「インド」「ドイツ」「英国」「ベトナム」など日本語版も出版されるようになり、より便利になっています。

まずこのガイドブックには「地球の歩き方」のように写真とかイラストというのはほとんどありません。表紙の初めとまん中あたりに写真がちょっと。

ほとんどが活字のガイドブック。

ムダなスペースを作らず、出来るだけ活字情報を載せるという欧米的な合理性が感じられます。

なんて味気がないんだ!

とは思いますが、使ってみるととても楽に旅行が出来るようになります。

地球の歩き方では載っていない地方の小さな町での情報も詳しく書かれていたりして、宿を探す苦労もなくなりバスや電車でのアクセスも楽になったりと

いままでの苦労はなんだったんだ!

って感じになります。

あまりに簡単に旅行が出来てしまうので拍子抜けしてしまうこともあります。

宿探しの苦労も旅の楽しみの一つなんですが…。


地球の歩き方」と「ロンリープラネット」。
人により好みがあるようですが、なんかYahooGoogle の違いとよく似ているような気がします。

一つはイラストや写真、テキスト情報が画面いっぱいにあってよりどりみどり、もうひとつは求める情報をインプットすると必要な情報がパッと出てくる。

そんな違いなのではないでしょうか?

ただ、「地球の歩き方」と「ロンリープラネット」両方とも出版物であるので、本になった時はすでにその情報は古くなっていることには十分注意しておく必要があります。

宿の値段が値上げされていたり、もう営業していなかったり、列車やバスの時間が変更されていたりということがあるのであらかじめ確認しておかなければならないこと(バスの時間とか)は最低限現地やインターネットで調べて収集しておいたほうがいいかもしれません。




★ 航空券+ホテル(楽パック)★

驚きの無料航空券入手法

6時の時報

6時の時報


タイには朝と夕方に時報があります。
といっても
「ピッ、ピッ、ピッ、ポーン」
というのではなく、タイ国歌という時報です。

夕方6時になると町中から「タイ国歌」が流れて、いままでベンチに座っていた人たちが一斉に立って歌います。

国歌への忠誠心を示せということでしょうか?

よく見ていると立っている人でも、真剣に国歌を歌っている人は少なく、立っているだけまたは口パク程度の人がほとんどだったりします。

そう毎日忠誠心は出てこないという訳か。

毎日聞いていると私でもメロディーぐらいは覚えてしまいます。

みんなが立つときは、私もバツが悪いので一緒に立ってみたりしますが日本人なのでタイへの忠誠心はまったくありません。

夕方の時報として聴くなら分かりやすいですね!


★すっぴんレポーターの旅コラム★


★ 航空券+ホテル(楽パック)★

海外へ無料で行く極秘マニュアル

タグ:タイ 旅行

パッポン通りとタニヤ通り

パッポン通りとタニヤ通り



367822219_d14e669e5dj.jpg

バンコクのビジネス街シーロム通りからソイ(小道)に入ったところにあるパッポン通りとタニヤ通り、バンコク一の歓楽ストリートです。

ゴーゴーバー、レストラン、果物や衣服、ジュエリーを売る屋台などがひしめき合う、バンコクの歌舞伎町(といってもいいかな)


外から見てまわるだけでも結構楽しい。

2階の店はボられることがあるというので、要注意。
おそるおそる1階でビールを飲んだだけであまり深入りしなかったため、詳しいことは話せませんが…。
(ビールだけだとそれほどお金は取られないので、ビールだけでパッポン通りのすべての店に行ったという猛者(=バカ?)もいました。)

聞いたところによるといろいろなところがあるようです。


スカイトレインのサーラーデーン駅の近くにあります。
(スカイトレインは便利なんですが頭上をゴゴーッと動くのはなんか開放的なバンコクらしくないと思うのは私だけでしょうか?)


パッポン通り
からSoiを一つ(ラーマ4世通り側)離れたところにタニヤ通りというのがあります。 

この通りは日本人向けの通りで現地の駐在員がよく通うようです。

日本人カラオケクラブ、日本料理店がひしめき合っていて一度は入ってみたいところ。

お値段も高めですが、バンコクに行ったら一度は見てみるといいところですね。


★ 航空券+ホテル(楽パック)★





ジュライホテル

ジュライホテル


年輩の人にはなつかしいと思いますが、昔は日本人のたまり場として有名だったホテル。

ファランポーン駅からチャイナタウン方面に西へさらにやや北に行くとロータリーがあります。

ぐるぐる回る7月22日…」とか言うややこしい名前のロータリー。

ジュライホテルの他に 「楽宮旅社」「台北旅社」というホテルもありました。

このロータリーに沿って屋台が出ていて、結構美味しかったりしたもんです。

このジュライホテルは1995年に閉館してしまい、そのまま放置されています。

いまは当時のにぎわいはありません。

久しぶりに見に行ってもなんか寂しくなっています。

ここにいた人たちはカンボジアに移動した人がかなりいたそうですが…。


バンコクからバスで半日ほど行った「サメット島」というところで仲良くなったおじさんとここジュライホテルの前で偶然再会し、話をしたことがあります。

僕、ここに住むことにしたよ!

と彼は言って、驚いたことがありましたが、あのおじさんもカンボジアに行っちゃったのでしょうかねぇ。

2100円で海外旅行する方法!


★楽天で海外格安航空券最安値を探す★

健康維持