ナシゴレン

ナシゴレン



1220765217_dae57e821aj.jpg

中国の炒飯、タイのカオパットと同じようにインドネシア、マレーシアの炒飯はナシゴレンといえるでしょう。

ナシゴレンはちょっと甘みがあって、日本のチキンライスを薄くした感じで美味しい。

ナシゴレンはインドネシアの言葉でナシ(ご飯)ゴレン(炒める)という意味だそうです。

中国の炒飯やタイのカオパットの違いは調味料の味付けの違いといえるかもしれません。

中国の炒飯はおもに魚醤や味噌で、タイのカオパットはナンプラーでそしてナシゴレンはケチャップマニスという調味料で味付けしています。

ケチャップマニスというのは大豆と小麦を発酵させ、黒砂糖、ショウガ、コリアンダーなどを加えてつくるドロッとした調味料です。

具体的にどうやって作るのかは分かりませんがちょっと甘い醤油ですね!

また、ミーゴレンというのもあります。

こちらは焼きそばのマレーシア版(またはインドネシア版)といえます。

マレーシアインドネシアに行ったときはぜひこのナシゴレンをためしてみてくださいね。



ケチャップマニス



★東南アジアへの旅★


2100円で海外旅行する方法(アップグレード版)



この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Posted by 履歴書 at 2014年01月18日 11:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
健康維持