タイ ハジャイ

タイの南部ハジャイ(ハートヤイ)に行って来ました。

タイへの旅行といえばバンコク、チェンマイ、サムイ島、プーケット島というのが定番です。

ハジャイは商都なのでこれといった観光はありません。
マレーシアに近いことからタイとマレーシアを通過する際に寄る都市というイメージかもしれません。

また、ここからトランやランカウィ島に行く通過地にもなります。

ハジャイのあるソンクラー県は外務省の海外安全情報ではレベル2(不要不急の渡航は止めてください)となっていますが、みんな普通に暮らしていました。

特に、マレー系中国人がいっぱい来ていて街を歩いていると、中国語で話しかけられることも多かったです。
ただ、ショッピングセンターとか駅に入るときは金属探知機と荷物チェックをさせられたのはやっぱり少しは警戒しているのかなと感じました。

1498447003268.jpg

ハジャイ駅

とはいってもチェックする警備員は中身をほとんど見ずに通していましたが、これもタイ人の気質なのかな。

ハジャイの中心部はそれほど大きくはなく歩いて回れるほどです。
一番賑わっているところは駅より北東のSaneha Nusorn通りで、マクドナルドやスターバックスがあり、夜は屋台が出て楽しいです。
通りに面したGrand Pink Hotelの中にはカラオケがあり夜遊びできます。

1498658634399.jpg


そんなハジャイにわざわざ訪れたのは夜遊びのためではなく、この街がタイマッサージのメッカであるとの情報を得たからです。

「タイマッサージなら何もハジャイまで行かなくてもバンコクやチェンマイに行けばいいものを」
と考えると思いますが、男性だけが施術を受けることができるというジャップカサイというマッサージのためにやってきたのです。

このマッサージを受けると男性自身が元気になるばかりでなく、肩こりまでもがすっとするというのだから、男性ならどんなものかぜひ受けてみたい。

とは言ってもどこで施術を受けられるのかは分からず、とりあえず通りにあるマッサージ店で聞いてみると
「メイヨー」
と中国語で答えられ、では古式マッサージを受けて尋ねるとタイ語しか通じずいまいちよくわからない。

1498481220627.jpg


何軒かタイマッサージを受けて、体もほぐされまくった中、ついに施術OKの店を発見しました。
奥から40歳半ばぐらいのおばちゃんが出てきて、OKということでした。

1498708785254.jpg


1回は旅行代理店になっていて2階が施術ルームになっていました。

いやいや、本当に探すのが大変でした。疲れた。

実際に受けてみると、気持ちいいというよりはまわりはグイーッ真ん中はクニュクニュといった感じでオイルを使ったマッサージでした。

せっかくなので次の日に頼んでレクチャーを受けることに。
内容は思ったより細かく、いままでそこまで自分のを観察していなかったのでちょっと驚きでした。
まあ、将来役に立つかもしれません。(生涯現役などと思っているわけではありませんが…(*^^*))

他にも大きなホテルとかでも施術はあるそうですが、よく分かりませんでした。
で、肩こりのほうはそれまでにあちこちでマッサージを受けていたのでこれで良くなったのかよく分かりませんでした。
とりあえず目的を達成したので、わざわざハジャイまでやってきたかいがありましたね。
こんなマッサージもあるんですね。
心残りがなくなりました。


P.S.
もし、私も受けてみたいという方がおられましたら、詳しい場所と名前をお教えします。
それから、全身の施術とセットで100B引きのクーポン券を差し上げます。せっかくですので紹介ついでにお店のおばちゃんと交渉しました。
全身の施術はちょっと強めのオイルマッサージですので、強いのが苦手な方は弱くしてと言って下さいね!
クーポンは数に限りがありますので、本当にハジャイまで行く人だけにして下さい。

ちなみに風俗の店ではないので変なことはありません。マッサージだけですのでご理解下さい。






タグ:ハジャイ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
健康維持