スクムビット通りに異変が…

久しぶりに訪れたバンコクですが、スクムビット通りに変化が少しありました。

ご存知だと思いますが、タイ政府は屋台の営業を減らす方針をしており、屋台好きとしては
「なんてことするんだ」
と思ってしまいますが、タイ政府の方針ですから仕方ありません。

今回、2日間だけバンコクに行く都合ができましたので状況をお伝えします。

行ったのはスクムビット通りBTS「Nana」から「Asok」の間、いままではNana付近のアラブ人街からアソーク駅に向かって夜には屋台が並んで結構楽しかったのに、なんと道路側の屋台がほとんど撤去されていました。

1498840419571.jpg


1498831077499.jpg


道路側にも屋台はあるのですが、屋根のないこじんまりとしたものだけでした。

人通りも金曜の夜というのに心なしかちょっと少なくなった感じでした。

とは言えソイにある屋台は撤去されていないみたいでしたので、ちょっと安心しました。

ちなみに私はいつもこのアラブ人街の両替屋で両替しています。
レートがいいので…。

しかし、なんでタイ政府はこんな政策を打ち出したのでしょうか?
実際、屋台で生活している人もいるというのに。
タイの魅力はあの屋台ですからもうちょっと考えてほしいものです。

ただ、撤去されるのは主要道路沿いだそうで、ちょっと入ったソイにある屋台は撤去されないみたいです。

バンコクはどんどん発展してショッピングセンターとかできていますが、やっぱり屋台でカオパットとビールというのがないと風情が無いですね。

とりあえず、すべての屋台が撤去されるというわけではなさそうですので、ちょっとホッとしました。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
健康維持