台湾 九份 

台湾の九份に行ってきました。

ジブリの「千と千尋の神隠し」のモデルになったと言われているところで、日本人にも人気の観光地です。
私も一度は見ておきたかったので、行くことに。

台北からは直接バスで行くことができますし、台鉄で瑞芳(ルイファン)まで行き、そこからバスという手もあります。

台鉄、平渓線の観光地である十份や途中のネコ村のホウトンにも行って観光したい場合は鉄道もいいと思います。

私の場合はホウトンに行ったので台鉄+バスを使って九份に。

九份は人気の観光地なのでいっぱいでした。
昼間はまだこんな感じですが、

P_20161105_144512.jpg


夜になると

P_20161105_175616.jpg


日暮れになると観光バスで観光客がどんどんやってくるので、人気の階段は人がいっぱい過ぎてなかなか動きません。
そして、観光ガイドなどでもよく出てくるのがこの光景。

P_20161105_180353.jpg


P_20161105_181636.jpg




千と千尋の神隠しでもこんな感じだったでしょうか?

提灯に電気がつくとやはりキレイです。でも暗くならないとつかないし(この時は午後6時半頃)結構店も早くしまってしまいます。
ので、行くときは時間も考えておきましょう。

九份はお芋の団子みたいなスイーツが有名みたいでみんな階段の一番上で食べていました。
私は食べていまいのですが、試してみてください。

九份からは意外と海が見えます。
ですから夜景もキレイです。

P_20161105_173252_NT.jpg


九份に明るいうちに着いた場合は日本語の九份観光マップを観光センターで手に入れるといいかもしれません。日本語も通じるので便利です。

scan-001.jpg
(新北市旅游局印刷)
実際に使ったマップです。歩くルートを検討するのに使って下さい。
本物は観光センターで手に入れて下さいね!









タグ:九份 台湾
| 旅行
健康維持