「ムーンライトながら」が臨時化へ

421195033_666d242e9a_m.jpg

東京から大垣への夜行快速「ムーンライトながら」が今年度で臨時化されそうです。

ムーンライトながら」といえば青春18きっぷを使っての旅行には最適だったのですが、休み以外の平日はガラガラ状態のようです。

格安の高速バスが出てきているため、単に目的地に行くだけならバスの方が安いということになっているからと考えられますね!

東京から大垣までの運賃が6,680円、いまではこの金額だと東京−大阪間を高速バスで行けてお釣りも出るくらいです。

どうしても列車でないとという人ぐらいしか乗らないのかもしれません。

青春18きっぷの発売時期は臨時化されるようですが、JRのほうももうちょっと考えてみてもいいんじゃないかとも思えたりします。

途中まで全席指定とかだと予約しておかなくてはならないし、ひたすら下っていきたい人は大垣までではなくて米原までのほうが大阪に出やすくなります。

米原だと北陸本線とも接続出来ますし、新幹線に乗り継ぐことも出来ます。

それに出発時間を早めて青春18きっぷの使い勝手を悪くしたのもせこいような気がしますね。(出発日の乗車券がいるから)

青春18きっぷは若い人だけでなく、最近は年輩の人も使って楽しんでいる人も多いそうです。

臨時化は避けられないでしょうが、混雑するときには増発したりして欲しいです。

青春18きっぷも使用期間を長くしたり、秋でもシニア用に発売するのも手かもしれません。

現在秋には「鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」というのが発売されていますが、1回あたり3,060円と青春18きっぷの1回あたり2,300円に比べてちょっと割高かもしれませんね!

JRは運賃で採算をとるというより、チケットと同時にkioskでの弁当購入割引券とか指定の宿で泊まると割引とかセットにすると人気が出るような気がするのですけど。

電車好きな私はちょっと寂しいニュースです。





折りたたみ式キャリーカート

愛知県に旅行するなら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106050042
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
健康維持