世界でもっとも危険な国は

外国を旅行すると犯罪が多いとかいう国を訪問するときは緊張しますよね!

日本は治安がいいとかいわれていますが、別に犯罪がゼロというわけではありません。

また、国の中でも危険な地域というのもあり、そこに行かなければ比較的安全ということもありえます。

しかし、そういうところこそ人間味があって面白かったりするものですから、ウロウロしてしまうこともありますね。

では実際に危険な国というのはどこがあるのでしょうか?
人口1000人あたりの犯罪発生件数別で見ると意外な国が危ないことがわかります。

人口1000人あたりの犯罪率
-----------------------------------
1位  ドミニカ     113.8
2位  ニュージーランド 105.9
3位  フィンランド   101.5
4位  デンマーク     92.9
5位  チリ        88.3
6位  イギリス      85.6
7位  モンセラト     80.4
8位  アメリカ合衆国   80.1    
9位  オランダ      79.6
10位 南アフリカ     77.2
-----------------------------------

となっています。
ここでモンセラトという聞き慣れない名前がありますが、調べてみるとカリブ海にあるイギリス領モンセラトのことのようです。

ニュージーランドフィンランドは落ち着いた雰囲気で犯罪など起こりそうにないと考えてしまいますが、人口が少ない分そう感じてしまうのでしょうか。

人口が多い国は犯罪も起こる数が多いですし、ニュースにもなりやすいので危険だと思ってしまうということもあるようです。

実際、緊張していったら何も起こらなかったということもありますし、どれだけ注意しているかということも犯罪に巻き込まれない要因でもあるのではないでしょうか?


7日間で英語脳
9倍もらえる失業保険
韓国語をマスター
タグ:旅行
健康維持